株式会社INCOME 車買取査定評判・口コミランキング

車買取業者の評判・口コミランキング

新着情報

中古車の販売における詐欺に関して

中古車等の買取業者に売却を行う場合において、よく聞くには「詐欺ではないか? それとも限りなく詐欺に近いかな?」という話である。これをよくよく分析してみると、再査定、キャンセルペナルティーといった類のことが明確に分かってくる。
再査定 : 一度は買取契約が成立したにも拘らず、再び査定のリクエストが出されて成立した金額より減らされることである。例えば、後になって判明したのだが、大きい傷跡が見つかり減額します、或いは修復歴が見つかったため減額しますといったケースである。特に中小の買取業者に多く見受けられるため、注意すること。
キャンセルペナルティー : このケースは契約書をくまなくチェックすることがポイントである。というのも、キャンセルペナルティーに関して目につかないぐらい小さい文字で記載されていることが多い。このことを業者は突いてくるわけで、キャンセルした場合は多額のキャンセル料金を要求してくることに陥る。

【買い取り側】 再査定を実施し、その結果減額された査定額が提示される。

【売り出す側】 減額されるのであれば、キャンセルをすることを伝える。

【買い取り側】 キャンセルするのであれば、キャンセル料の支払を要求する。

【売り出す側】 キャンセル料を支払う意志がないことを相手に伝える。

【買い取り側】 契約書に明記されている。

というような悪質な話が持ち上がってくる。よって、車の引き渡し前に契約書を隅から隅まで目を通すことが重要である。相手がどういう業者であっても重要であることを認識することである。たとえ、信頼がおける業者であったとしてもよく熟読することである。<口コミ : よくわからないうちに減らされた金額が自分の指定した銀行口座に振り込まれた。>

車の査定時にはマイナス面を含めて買い取り側の方でじっくり説明することが非常に大切になる。売り出す側の方は車の不具合面、事故歴/修復歴等に関し、決して嘘がないように申告することが最重要である。

とにもかくにものちのち討ち取られないようにすることである。そうでなければ、説明責任を追求されて余儀なく減額されることになる。特に悪質な業者には充分注意が必要がある。このようなケースを悪いような話を持ち出して実際に振り込む時点で車に関する瑕疵が見つかったので強引に減額することがあることに注意。

従って厳しい審査にパスした業者で構成される団体一般社団法人 日本自動車流通研究所(=JADRI)に加入している業者を利用することが無難である。そうすることで、トラブルを未然に防ぐことが出来るようになる。

契約書に対するチェック事項

1)買取成立後における減額請求される項目の有無と内容のチェック

*引き渡し後に見つかった場合の減額について

*修復歴が見つかった場合の減額について

変な話であるが、プロである買取業者は引き渡し前に見つけて指摘するのが当たり前であるが、売り出す側に課金する事項を契約書に記載してしまう。このような場合は、契約書から抹消してもらうように交渉することがポイントである。

2)キャンセルした場合のキャンセル料金が発生するか否かの事項のチェック

*後になって家族に反対され、急遽キャンセルせざるをえない。

*後になってキズが見つかったので減額査定の目にあったので、キャンセルを要求する。

こうした場合、「契約書にキャンセルした場合は10万円かかる」という記載されていれば、実際に10万円を請求されたという話があるため、契約書から抹消してもらうように交渉することがポイントである。

ということで、トラブルが発生しない業者を選択するには、JADRIに加入している業者か否かを調査することである。一括査定が行われるとしても、JADRIに加入している業者間で一括査定が行われるため、より安心して車を売り出すことが出来る。

<JADRIの連絡先>東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20F TEL 03-5288-7077(平日9:00~17:00) mailto : info@jadri.or.jp

<かんたん査定ガイド> http://a-satei.com